この記事の所要時間: 140

望めばなんでも手に入るという人はいないでしょう。もちろん簡単に手に入れられるものもあるでしょうが、頑張っても手が届かないものもあるわけです。そんな手の届かないものの事を夢と考える人もいるでしょう。手が届かなくても叶わないという事はないわけです。

夢は叶えるものです。ただ見ているだけでは意味がないでしょう。しかし、簡単には叶わないものでもあるわけです。それでも叶えるための行動を起こす事で夢に近づけるということがあるかもしれません。もちろん簡単ではないでしょう。

■そんな邪魔な存在は取り除かなくてはいけない
いろいろと障害となるものが行く手をふさいでいるという事もあるわけです。そんな邪魔な存在は取り除かなくてはいけないわけです。しかし、何が邪魔をしているかということさえわからないということが多いのです。だからこそ叶えると言う事が困難であるわけです。

では、その問題の解決方法はあるのでしょうか。ひとつの解決方法として占いによって邪魔な存在が何であるかを知るという方法があります。

■問題がわかれば答えも見つけられる
問題がわかれば答えも見つけられるわけです。障害を乗り越える事も出来るかもしれません。夢をかなえるための第一歩として、邪魔をしている存在を把握するという事があるということです。邪魔な存在を知る事が第一歩であるのならば、次の一歩はその邪魔者を何とかするという事でしょう。占いでそのヒントをもらえるということもあるでしょう。

もちろん占いに頼る必要がないということもあるわけですが、第一歩を踏み出す事が出来来れば、次の一歩を踏み出す事も可能になるといえるでしょう。

■叶ってしまえば夢ではなくなる
困難を克服するごとに叶っていくと考えても良いわけです。叶ってしまえば夢ではなくなるというような事が言われるかもしれませんが、そんな事はどうでもいいことです。望んだことに近づくためにできる事はする必要があるということです。